名古屋などの都市部に多いとされるデザイナーズマンションの定義についてです。ハイグレードマンションとの違いもまとめました。
Show MenuHide Menu

名古屋で見かけるデザイナーズマンションって何だろう?

名古屋はデザイナーズマンションの数が多く、人気も高いようです。

では、このデザイナーズマンションというのはそもそも何なのでしょう。

ハイグレードなマンションとはまた違うのでしょうか。

【デザイナーズマンションとは】

インターネットで検索してみても、名古屋にはデザイナーズマンションがたくさんあることがわかります。

これは建築家が内装や外装にこだわってデザインした物件のことを言い、都市部に多く建てられています。

個性的なデザインが多く、富裕層や若者に人気がある物件です。

【特に定義がない】

デザイナーズマンションとは法律的な言葉ではありません。

不動産屋やオーナーがそのように呼んでいるだけとも言われています。

ハイグレードマンションというものと比較されることがありますが、ハイグレードマンションというのも特に定義がないと言われています。

ちなみにハイグレードマンションは、内装や設備、外装にこだわった、高級住宅地にあるマンションのことを指すようです。

【見た目重視がデザイナーズ】

デザイナーズもハイグレードも定義がないと言いましたが、しいて言えばデザイナーズは見た目重視、ハイグレードは機能や設備を重視しているようです。

古いアパートやワンルームマンションをデザイナーズ風にリフォームする物件が増えました。

そうするとまた借りたいという人が増えるそうです。

そのため、デザイナーズマンションは高級物件ばかりでなく、お手頃価格の物件もあります。

ハイグレードマンションは、すべてにおいて充実しているため、高級物件しかありません。